☆ランキング☆
にほんブログ村 経営ブログへ

最新記事一覧

最新コメント

最新トラックバック

2017年07月26日

世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる②~研究者の熱が生徒の思考を解放させる

今回紹介している株式会社リバネスは、「最先端の科学を集めてきて、それを外に向けてわかりやすくアウトプットしたら何が起こるのか、という実験をしている」と言います。今回も、リバネスCEO丸氏の著書「世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる」(日本実業出版社)を元に紹介していきます。

最先端の科学のエッセンスを、例えば小中高の学校で生徒に教えれば、教育事業になり、企業の研究所に持ち込めば新しい研究の種になる。経営者に伝えていけば、きっと経営の指針を作るための情報になる。最先端の科学を上手く伝えていくことができれば、きっと世界を豊かにするプラットホームになる、という信念の元でリバネスという会社はスタートしました。その根幹には次の認識がありました。

「熱がなければ化学反応は起きない」
これは科学に携わる人なら誰でも知っていること。
一つ一つの分子がぶつかり合うとき、それぞれの熱が小さければ、大きな力は生まれない。高い熱量を持った分子が出会うからこそ、そこに変化が生まれ、爆発的な破壊力を保ちながら連鎖し、さらに加速していく。
「現代は個の時代」というのは、一人ひとりがバラバラに動くという意味ではない。一人ひとりの社員が強い熱「passion」を持って動いてぶつかり、互いに化学反応を起こし合う状態を集団化することで、世界を帰るチェンジメーカーになれる。
(「世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる」より)

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる②~研究者の熱が生徒の思考を解放させる"

List   

2017年07月19日

世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる①~研究者が経営者になる~

今回紹介するのは、東京都新宿区にある株式会社リバネス

リバネスは「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という理念のもと、そこに集まる専門知識や技術・人などを繋ぎ、組み合わせることによって社会に新たな価値を創出する、研究者集団です。

この会社は現在代表取締役CEO丸幸弘氏が、2006年東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程在学に設立。日本で初めて、「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化したのです。そして現在、大学・地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出す「知識製造業」を営み、世界の知を集めるインフラ「知識プラットフォーム」を通じて、200以上のプロジェクトを進行させています。今回は、その丸氏の著書「世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる」(日本実業出版社)を元に紹介していきます。

元々研究者だった丸氏が、なぜ経営者に転向したのか?
そのことについて、世間を大いに騒がせた「STAP細胞」を例に触れています。

当時、理化学研究所再生科学総合研究センターの共同研究者は、メディアの取材にこう答えていました。「小保方さんのように世紀の大発見をするには誰もがあり得ないと思うことへチャレンジすることが重要だ。でもそれは、若い研究者が長期間、成果を出せなくなる可能性があり、その後の研究者人生を考えればとても危険なことだ」と。これが研究者の現実なのです。

私が、科学者から経営者に転向した理由もそこにあります。一介の科学者であり続けていては、世界を変える前に自分の生命が潰れてしまう。だから科学者や研究者の熱が冷めないうちに、企業や教育機関や子供たちと結びつけることで、世界を変える手助けをしたい。たった一人の発明や発見を、世界を変えるイノベーションに発展させるために、私は科学とビジネスを融合したリバネスという会社を立ち上げました(「世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる」より)

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "世界を変えるビジネスはたった一人の熱から生まれる①~研究者が経営者になる~"

List   

2017年06月15日

社員食堂が変わる~社員が変わる~会社も変わる 

社員食堂、いわゆる「社食」といえば、健康機器の製造販売の㈱タニタの「タニタ食堂」が有名です。タニタ食堂は、社員の健康を考えたメニューを提供していることでマスコミにも取り上げられ、その後一般客も利用できる食堂として2012年にオープンしたくらいです。
実はタニタに限らず、社員食堂が今大きく変化しています。帝京大学法学部露木美幸准教授によると、企業文化や社会情勢の変化と同じように、社食にも発展の歴史があり、3つの形態に分類できるそうです。この変化は、会社が社員を単なる「働き手」ではなく「仲間」として捉えるようになってきたことによるのではないでしょうか。「社食」の変化を追ってみました。

~帝京大学露木准教授による社食の歴史~
「第1世代」 工場など、周辺に飲食店がない事業所で、従業員への食事提供を目的に食堂を設置する形態だ。肉体労働者向けに、量が多くて味付けが濃い食事が多かった。
「第2世代」 会社の周りに飲食店があるのに社食をつくるようになった。この形態では、社食を設置する目的は福利厚生。会社外の飲食店と比べて、格安で食事を提供する。多くの場合、スペースが余る地下にあるのが特徴。
「第3世代」 IT産業が発展したころから見られるようになった。都心の駅の近くにオフィスを構え、飲食店に困らないのに、あえて社食をつくる。その点は第2世代と同じだが、目的は単なる食事提供、福利厚生に止まらない。コミュニケーションの活性化、社員の健康増進、地域社会との連携などによって、企業のブランド価値を高めることまで社食が担う。そのため、オフィス内で社食の優先度は高く、社内で最も眺めのよいフロアに設置される傾向がある。

第3世代社食の特徴は、食事を通して生まれる効果を意識的に高めていることです。今回はその中で、社員同士のつながりを深めること、会社への愛着を高めることを目的とした「日本ビジネスシステムズ」の社食を取り上げます。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "社員食堂が変わる~社員が変わる~会社も変わる "

List   

2017年05月18日

飲食業の常識を覆す未来食堂④ ~ブレない志が人を集める

さて「未来食堂」シリーズ最終回です。単なる食を提供する場ではなく、「誰もが受け入れられる場所をつくる」をコンセプトにした「未来食堂」は、日本IBMやクックパットでエンジニアだった小林せかいさんが立ち上げ、切り盛りしている食堂です。

ちなみに前回まで記事は以下です。
偏食家が生み出す食の充足
共認充足はカタチとなり人をつなげる
取引関係を超えた関係づくりの拠点

今回は「情報公開」について。     小林さんは、未来食堂のこれからについて語っています。

「明確な目標はまだ浮かんでいません。一つだけ言えるのは、より良くしていくためには、自分が考えられる枠を超えなくてはいけないだろう、ということ。つまり、今後は自分以外の誰かがコミットする必要がある。私よりも優秀な人が、私と一緒に何かをしてくれる。そんな状況になれば、さらに飛躍できると思います。

でも逆に言えば、手の内を全て開示しないと、私の考えに賛同してくれる人は増えません。実は今、ホームページ上で月次の採算を公開しているのですが、今後は日次の採算も公開していこうと考えているんです。

毎日の採算を公開することによるライブ感は、多くの人を面白がらせ、結果として未来食堂の思想に賛同してくれる人が増えるはず。そして、そのデータ自体を多くの人が活用できると予想しています。(中略)

たまに『未来食堂は儲けを考えていないビジネスだから素晴らしい』と言われることもあるのですが、それは誤解です。お金は投票のようなもの。たくさんの方に共感いただき、儲けをきちんと出すことがビジネスとして大前提であり自分の責務です。そのコミットメント・結果を公開することでお客様に真摯な姿が伝わる。良い業績だから開示するのではなく、どんな結果であっても開示してそこから向上していく、それこそが求められる姿勢だと考えています」 (小林せかい氏)

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "飲食業の常識を覆す未来食堂④ ~ブレない志が人を集める"

List   

2017年05月10日

飲食店の常識を覆す未来食堂③ 取引関係を超えた関係づくりの拠点

引き続き「未来食堂」について紹介していきます。
ちなみに前回まで記事は以下です。
偏食家が生み出す食の充足
共認充足はカタチとなり人をつなげる
さて「未来食堂」は、都心のオフィス街で、小林せかいさんという女性が一人で切り盛りしている食堂です。その「未来食堂」を ①独特のメニュー ②「まかない」というお手伝いシステム ③情報公開  の3つのポイントで紹介していますが、今回は②「まかない」というお手伝いシステム の番外編です。

学校でも家でもない自分自身の居場所を作りたい。そして、人と人の間にさりげなく存在する触媒となる場を作りたい。その骨格を小林さんは「あつらえ」や「まかない」というシステムで作って行きます。
と、ここで話がやや横道に逸れますが、小林さんの言葉の中で印象的と思うものを紹介します。

写真はコチラからお借りしました

写真はコチラからお借りしました

「常々思っているのですが、考え続けると、最後の答えは必ずシンプルなものになる。逆に言えば、言葉を尽くしてやっとわかってもらえるのでは、練り方がまだまだ浅いと言わざるを得ません。圧倒的な回答を出すと、人は黙ります。何も反論しなくなります。そこがゴールだと思います」(小林せかい氏)

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "飲食店の常識を覆す未来食堂③ 取引関係を超えた関係づくりの拠点"

List   

2017年05月02日

飲食店の常識を覆す未来食堂 ②共認充足がカタチとなり人をつなげる

前回に引き続き「未来食堂」について紹介していきます。「未来食堂」は、東京都千代田区一ツ橋のオフィス街で、小林せかいさんという女性が一人で切り盛りしている食堂です。小林さんは、東京工業大学卒業後に日本IBM、クックパッドでエンジニアとして働いたバリバリの理系女子なのです。
その「未来食堂」を ①独特のメニュー ②「まかない」というお手伝いシステム ③情報公開  の3つのポイントで紹介しますが、今回は②「まかない」というお手伝いシステム を紹介します。

■ 小林さんの開発した「まかない」とはどんなシステムなのでしょうか?

「まかない」とは店でお手伝いを50分すると、無料で一食が提供されるシステム。お手伝いの時間と内容は決まっていて、ランチタイムの客の注文取りや、閉店後のお掃除など。ユニークなのは、この「まかない」でもらった食事券は自分で使ってもいいし、店に来た不特定の誰かが使用することも出来るシステムなのです。

この写真はコチラからお借りしました

この写真はコチラからお借りしました

このシステムについて

「普通に考えれば、『お店に来てもらう=お金を払ってもらうこと』。確かに来てもらえるだけでうれしいですが、ビジネスでもありますので、お金はいただかねばなりません。だから『来て下さい』とは、どこか言いづらい。相手にお金を要求しているのと同じだと、自分は感じてしまうのです。
じゃあどうすればいいんだろう。どうすれば手放しに『来て下さい』と言える仕組みを作れるだろうと考えました。そこで出てきた答えは、お客さんとの間にお金以外の何かを介在させれば良いということ。お金ではなく労力を払う『まかない』という選択肢を作ることで、気兼ねなく人を巻き込むことが出来るようになりました。「お店に来てよ」よりも「まかないしにきてよ」の方が自分にとってずっと言いやすい。相手をお金として見るのではなくて、仲間として見ているのですから。
例えば、1人暮らしの学生さんには価値を感じていただけると思います。また将来、お店を持ちたい人にとっては、勉強になるかもしれない。そしてもう一つ。例えば今、休職中であったりとか、さまざまな事情で自分の居場所がない人にとっての、大切な場所になるかもしれない。例えば『ここだと誰かと一緒にいられる。頑張れる』というような場所ですね。
今、まかないをやってくれている方にもそう考えているケースがある気がしますし、そのような方は今後きっと増える。まかないが、彼らにとってのセーフティネットであってほしい。私の中には、そんな思いがあります」(小林せかい氏)

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "飲食店の常識を覆す未来食堂 ②共認充足がカタチとなり人をつなげる"

List   

2017年04月27日

江戸時代の子ども達

最近ひどく元気のない子に会った。
「どんな時にヤル気が湧いてくる?」と問うと、暫く答えがかえってこず、ボソッと「親から勉強しなさい」って言われたとき、と・・・。「テスト前は、やらないと・・」「これを終わらせたらゲームができる・・」悲しくなった。もちろん他の子どもがみんな同じではないが、元気のない子は多い。

ただ、これは子どもだけか?というと大人も同じ。仕事する意味も、生きる意味も、志も持てず、活力を衰弱させている大人も多く目にする。一見元気そうに見えても、意味を問われたとき「家族を守る」程度のことしか言葉が出ない大人も多いだろう。子どもの元気のなさは、大人自身も同じ問題だから、子どもに対して自分の子ども時代をあてはめるのはナンセンス。

kodomo3

江戸時代の子どもは元気だったという。そこにヒントがあるはずだ。

前回の記事
子供の楽園だった江戸時代

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "江戸時代の子ども達"

List   

2017年04月27日

飲食店の常識を覆す未来食堂 ①偏食家が生み出す食の充足

今年の3月30日に「カンブリア宮殿」というTV番組に「未来食堂」が紹介されていました。様々な利用者が「食」を通じて、ゆるやかなつながりを作っていく新しい取組みだと思いましたので、紹介します。場所は東京都千代田区一ツ橋のオフィス街で、小林せかいさんという女性が一人で切り盛りしています。小林さんは、大阪府出身で神戸女学院高校から東京工業大学に進学。そして、卒業後は、日本IBM、クックパッドでエンジニアとして働いた後に、サイゼリヤや、オリジン弁当などで経験や知識を積み、未来食堂を始めました。

TVで取り上げられたポイントは
①独特のメニュー ②「まかない」というお手伝いシステム ③情報公開  でした。
今週は、そのうちの ①の独特のメニュー を紹介します。

写真はコチラからお借りしました

写真はコチラからお借りしました

① 独特のメニュー

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "飲食店の常識を覆す未来食堂 ①偏食家が生み出す食の充足"

List   

2017年04月13日

子供の楽園だった江戸時代

江戸時代の子どもたちは、健康そのもので、生命力、生きる喜びに輝き、親切で礼儀正しく、しつけも行き届き、愛らしく幸せに育っていたようです。

江戸庶民の暮らしっぷりは想像以上におおらかで自分のイノチに素直に従ったストレスフリーの生き方だったようだ。そんな環境で育つ子供たちはどんなだったんだろうか。

2013102100411722b

前回までの記事
外国から見た江戸時代以前の日本の姿

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "子供の楽園だった江戸時代"

List   

2017年03月22日

日本でいちばん大切にしたい会社④ 地域の生活インフラを支える中央タクシー

長野オリンピック後に県内トップの売上に躍進した中央タクシーですが、業界全体を見てみると、パイ自体の縮小、供給過剰といった市場の影響は避けることができません。そこで考え出されたのが1999年から始まったジャンボタクシーによる「空港便」でした。
今回も「お客様主義」を貫く中央タクシーについて「日本でいちばん大切にしたい会社3」(坂本光司法政大学教授著:あさ出版発行)で検証しましょう。
「空港便」は元々、宇都宮恒久社長(当時)の師匠であるMKタクシー青木社長(当時)が京都市内から関西空港への乗り合いジャンボタクシーを運行していた実績から薦められた企画でした。

写真はコチラからお借りしました

写真はコチラからお借りしました

ところが長野県松本空港では1日数便しかなく、しかも搭乗率50%弱なので、乗り合いの採算は取れません。そこで宇都宮氏は長野から成田空港までのコースを用意し、当時のJRより安い一人8500円という価格設定でスタートさせました。
しかしながら当然赤字になります。例えば、一人でも要望があれば、お客の自宅(長野市)から成田空港まで車を走らせますが、帰りは空です。1回の運行で数万円の赤字になります。お客が二人になっても搭乗便が違えば結局車を2台走らせるので赤字も二倍。そんな状態なので赤字はどんどん増えていきます。

にほんブログ村 経営ブログへ

続きを読む "日本でいちばん大切にしたい会社④ 地域の生活インフラを支える中央タクシー"

List